web制作

内部施策に力を入れる時代|EFOでフォームの離脱率を改善

見やすくする

web制作

自社のサイトを持っている企業は多くあります。ですが、企業の中には事業内容が増えたり、デザインが古くて時代に合っていないといった問題がある企業もあります。そういった場合は、京都にあるホームページ制作会社に依頼しましょう。

詳細

問題を解決

PCとカップル

ECサイトなどを行っている企業は多くあります。集客を得るために、SEO対策されている企業も少なくありません。SEO対策することによって、サイトのアクセス数を上げることができ、上位表示させることができます。ですが、SEO対策を行っている企業が多くなっています。他の企業と差をつけるためには、EFOといった内部施策に力を入れてみてはいかがでしょうか。EFOといったツールは入力フォームの最適化を可能にする点が特徴です。検索をしたユーザーがサイトに訪れて、申し込みや購入手続きを行うことで売上アップすることができます。しかし、なにかしらのエラーで最終的な申し込み手続きが完了せずに、離脱してしまう問題が多くあります。離脱率として80%になっています。EFOのツールを使うことで、集客効果的率を最適化させることができ、獲得数を拡大できるでしょう。内部施策に力を入れる時代なので、検討していくべきです。

離脱率の原因としては、入力段階が多い、リセットされる、半角全角指定があるなどが考えられます。ですが、EFOツールを利用することで、入力の負担を軽減することができ、リロード時間を短縮させることができます。また、入力必須の個所がある項目があれば、ボックスに色を付けられます。また、入力ミスをした際には、どこを間違えたのかユーザーは一目で見つけることができるでしょう。その他にも、EFOツールには、入力漏れやミスを防ぐために入力ボタンを押さなくさせる、フリガナを自動で入力、郵便番号で住所を自動に入力できるなどの機能がついています。

マーケティングができる

ビデオカメラ

自社の広告宣伝を行う際には、看板やポスターなどで知ってもらうことができます。また、最近では動画を使って紹介している企業が増えてきています。動画制作をしていることで、マーケティングを行うことができます。

詳細

リピーター獲得をする

パソコンと男の人

ecサイト構築を行うことで、お店を出店するより比較的に少ない資金で行うことができます。また、ecサイトであればブランディングしやすく、リピーターを獲得することができ、アクセス数や売上アップに繋げられます。

詳細